地域の話題

貝殻形の大型テント出現 みどり湖畔グランピング施設

みどり湖畔に設営されたシェルドームテント

 塩尻市郊外のみどり湖畔に新設されたグランピング施設「en Camp」(エンキャンプ)に、貝殻形の大型テント「シェルドームテント」が加わった。同型のテントは国内初という。4月に営業開始したドームテントエリアに続き、宿泊施設がほぼ整った。29日午後2時からグランドオープンイベントを開く。

 室内は三角形で、間口が約5メートル、奥行きが約7メートルある。冷暖房設備や電源、Wi―Fi環境を備え、7~8人が泊まれるという。2棟がそれぞれウッドデッキの上に設営され、雑木林の向こうに湖が見える。1棟の宿泊料金は平日が7万円、休日が8万円。
 みどり湖畔で合宿・研修旅館陽だまりの家を運営するスタイルプラス社が整備した。担当の新井和佳さん(35)、島内亜実さん(28)は「29日のイベントは誰でも無料で参加できる。地域の方に施設を知っていただければ」と話している。
 29日は、プロマジシャンのナカノ・マクレーンさんのショーや、けん玉のパフォーマンスがある。キッチンカーが来場し、午後1時から販売を始める。問い合わせはエンキャンプ(電話070・4000・2585)へ。