地域の話題

爽やかヤマボウシ 松本市中心街 純白の苞が存在感

松本の中心市街地で咲き始めたヤマボウシ(松本市中心市街地の公園通り)

 松本市の中心市街地で、今年も街路樹のヤマボウシが開花した。黄緑色の小さな花のかたまりの周りに一見すると純白の花にも見える葉の一種「苞」が4枚大きく開き、青々とした葉とともに街中を爽やかに彩っている。

 庭木などに詳しいナカツタヤガーデンストリート(松本市中条)によると、開花ペースは例年より1週間ほど早いといい、松本駅前の公園通りや花時計公園でも開花し、市民の目を引いている。
 花は徐々にピンク色に染まりながら1カ月程度楽しめるという。9月ころにはほのかに甘い実も付ける。