地域の話題

安曇野安協少年部 母の日に交通安全願う 運転手にカーネーション手渡す

ドライバーにカーネーションを手渡す少年部員

 安曇野交通安全協会少年部は9日、安曇野市豊科の安曇野警察署前の市道で、「母の日」に合わせた恒例の街頭啓発活動をした。小学校2~5年生の10人がドライバーに赤いカーネーションの花200本を配り、交通安全を呼び掛けた。

 子供たちは1列に並んで立ち、「安全運転をお願いします」などと声を掛けながら、1本ずつラッピングされたカーネーションを窓から手渡した。ドライバーらは驚きつつも、「ありがとう」と笑顔を浮かべて受け取っていた。三郷小学校5年生の中山葉月さん(10)は「交通事故が減ってほしいという思いで渡した」と話していた。
 少年部は交通安全運動や季節の行事に合わせ、年間を通じて街頭啓発活動に取り組んでいる。