地域の話題

けん玉ガチ勢の熱い2日間 100トリック成功するまで終われない!

5月14~15日の「けん玉の日」イベントをPRする窪田代表理事

 けん玉の国際的な普及に取り組む松本市蟻ケ崎1の一般社団法人・グローバルけん玉ネットワーク(グロケン)が14日と15日、「けん玉の日」(5月14日)にちなんで、愛好家たちで100種類の技に挑戦するイベントを開催する。オンラインで全世界を結び、ワールドカップ種目の100の技に老若男女で挑む。

 海外の時差も考慮して、14日午後5~10時、15日午前9時~午後6時に行う。1日までに発表されたワールドカップの技(トリック)100個を1人1技ずつ達成する。参加者は、ウェブ会議ツール「ZOOM」を通じて制限時間内に割り当ての技の達成を目指す。
 参加者が達成できなかった技や、参加希望者が出なかった高難易度の技は別の参加希望者を募って引き継ぎ、達成を目指す。様子はグロケン配信のライブ動画で視聴できる。
 昨年、開催した記念イベント「KWCトリック100個できるまで終われないよ生配信」が好評で、今年も企画した。グロケン代表理事の窪田保さん(39)は「全国・全世界が直接つながれない中、オンライン環境を生かして、けん玉でつながり合い、盛り上げたい」と話している。
 「けん玉の日」は、広島県呉市の江草濱次が、けん玉の原型の「日月ボール」を大正8(1919)年5月14日に実用新案登録した日で、グロケンが平成29年に制定。記念日に登録されている。
 今回のイベントは参加無料で13日まで募っている。詳しくはグロケンホームページ(QRコード)へ。