耳より情報

穂高の民話挿絵企画展開催中  征矢野久水彩館

 征矢野久水彩館(安曇野市穂高有明987、☎0263・87・0107)は、征矢野久さんが四季折々の安曇野や、国内外の風景を描いた水彩画、約60点を常設する美術館。11月1日までの企画展では、安曇野児童文学会編『あづみ野 穂高の民話』から、水墨画でユーモラスに描かれた挿絵約10点を展示し、「八面大王と矢村の矢助」の民話から作品「山鳥の尾」や、本には掲載されなかった作品「八面大王」などの貴重な原画を見られる=写真=。
 8月29日までの特別企画展「オーストリア スケッチ展」では、チロル地方やザルツブルク、美しい湖の街ハルシュタットなどの作品約20点を展示している。入場料一般500円。火・水曜日定休。