政治・経済

安曇野 ワクチン接種券発送開始 90歳以上 17日から予約受け付け

 安曇野市は6日、65歳以上の高齢者に優先実施する新型コロナウイルスワクチンの接種に向け、まずは90歳以上の2366人に接種券を発送した。17日に予約の受け付けを開始し、24日には接種が始まる。2366人分のワクチンはすでに確保できているため、市新型コロナウイルスワクチン接種対策室は「慌てずに予約をしてほしい」としている。

 接種券には接種までの流れを説明する案内チラシ、予診票などが同封されている。6日は担当職員が豊科郵便局と穂高郵便局に封筒を持ち込んだ。早ければ7日にも対象者の手元に届けられる。
 接種予約の仕方には▽スマートフォンの無料通信アプリ・LINE(ライン)▽ウェブ▽電話(市コールセンター)│の3種類があり、いずれかの方法で接種の日時と場所を予約する。接種希望日の1週間前までに予約する必要がある。17~21日に申し込めば特定の医療機関を希望する場合を除き、予約枠は確保できるという。
 接種を受けられる医療機関は6日現在で市内56施設で、豊科、穂高、三郷の3保健センターでの集団接種も予定している。接種可能な医療機関は今後増える可能性がある。接種当日は▽接種券▽記入済みの予診票▽運転免許証などの本人確認書類▽予約確認通知書▽持っている人はお薬手帳を持参する。
 今回使用するワクチンは2日に国から届いた。24日までにさらに追加で届く予定。市は対象世代を区切って接種券を毎週発送していく考えで、次回は17日を予定している。