地域の話題

あづみ野ガラス工房の吹きガラス体験 家族に人気

吹きガラス体験をする親子

 安曇野市豊科南穂高のあづみ野ガラス工房が、ゴールデンウイーク(GW)に合わせてガラス作品作りの特別体験を行っている。吹きガラスの対象を「中学生以上」から「小学生以上」に引き下げたこともあり、家族連れを中心に思い出作りを楽しんでいる。

 グラスなど6種類から選べる吹きガラス体験のほか、屋外の特設テントでペンケースやフォトフレームなどに色ガラスのチップを貼る小物作り体験、グラスなどにイラストや文字が彫れるリューター体験ができる。昨年は新型コロナウイルスの影響で休館してできず、2年ぶりの実施となった。
 新型コロナの感染拡大前の一昨年と同じ程度の客足があり、県内から訪れる人が特に多いという。4都府県に緊急事態宣言が発出されていることから、スタッフの若色正太さんは「県外に抵抗があって来てくれているのでは」と推察する。
 名古屋市から家族3人で2泊3日の安曇野観光に訪れ、3日にリューター体験を、4日に吹きガラス体験をした会社員・前田憲司さん(45)は「吹く加減が難しい」と語り、長女の小学校2年生・梨乃さん(7)は「楽しかった。いろいろな色が選べて」と満足そうに話していた。
 体験は有料。5日の体験は午前9時~午後4時半(午後0時半~1時半は休憩)。

連載・特集

もっと見る