地域の話題

ロープ使いワクワク木登り体験 アルプスあづみの公園大町・松川

ロープを使った木登りを楽しむ参加者

 大町市と松川村にまたがる国営アルプスあづみの公園大町・松川地区で3日、ロープを使って木登りをするツリーイングの体験イベントが開かれた。子供から大人までが挑戦し、高い木の上からの景色を楽しんでいた。

 広葉樹に複数のロープが下げられ、ツリーマスタークライミングアカデミー甲信越ブロックの会員たちが登り方を指導した。腕力ではなく、ロープに取り付けたロープの輪に足を掛け、脚力で体を持ち上げるため、6歳以上なら誰でもできる。
 最も高い所は12~13メートルにもなり、大人たちはコツをつかむとぐいぐいと登っていた。小さな子供たちは悪戦苦闘し、母親が下から応援していた。佐久市から訪れた大工原一さん(48)は妻の賀恵さん(43)、長男の昊希君(7)と挑戦し、「風に振られたけれど上からの景色がきれいだった」と満面に笑みを浮かべていた。
 ツリーイングは4日と22、23日にも行われる。詳細は公園管理センター(電話0261・21・1212)へ。

連載・特集

もっと見る