政治・経済

メーデー 各地で訴え 感染対策徹底

 労働者の祭典・第92回メーデーが1日、松本市内で行われ、新型コロナウイルスの感染予防を徹底した集会や宣伝カーによる訴えがあった。雇用を確保し、格差是正や最低賃金の改善を実現しようと声を上げた。コロナ禍で困窮する人への支援強化を求め、奮闘する医療従事者を励まし支えていこうと誓い合った。

 連合長野松本広域協議会(丸山正秀議長)など中信地区の労働団体でつくる実行委員会は、信州スカイパークで松本・塩尻・安曇野の3地区合同メーデーを行った。自動車で集まり車内から参加する形式で行い、集まった150台が働く人の連帯を再確認した。
 参加者は車内からラジオであいさつを聞いた。決意表明の際はライトを点滅させて気持ちを表していた。丸山議長は「心を一つに働く仲間の未来を切り開こう」と呼び掛けた。
 松本地区労働組合連合会などでつくる実行委は、松本圏域が県独自の感染警戒レベルで「4」のため、昨年に続き集会とデモを中止した。宣伝カーによる訴えに切り替え、松本市中心市街地を巡った。「生活改善につながる積極的な賃上げと最賃改善を」「国民が安心できるコロナ対策、自粛と補償一体の政策を早急に打ち出せ」と求めた。松本地区労連の鈴木秀明議長は「中止は残念の一言だが、何とか宣伝は行うことにした」と話していた。

連載・特集

もっと見る