地域の話題

松本市 75歳以上対象のワクチン接種予約 電話殺到で混乱

 松本市は1日、75歳以上の高齢者を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約を開始した。初日は約3000人分を受け付けたが、開始時刻の午前9時から市の予約コールセンターに電話が殺到し、つながりにくくなるなど混乱した。予約は午前10時40分にすべてが埋まった。予約は2日も受け付けるが、再び混乱する可能性がある。

 市は電話予約用に16回線を用意したが、希望者からの電話が相次ぎ、つながらない状態が続いた。市役所への問い合わせの電話も殺到し、市保健所健康づくり課の職員10人ほどが対応した。市役所に直接来る人もいて、82歳の男性は「何回も電話したがつながらなかった。インターネットができないので電話が頼りだった」と話していた。予約の仕方の相談や苦情などで市役所への電話は300件近くになった。また、コールセンターと似た番号の家への間違い電話が多くあり、市に苦情が寄せられたという。
 市は2日の予約に向けて、インターネット予約用のサーバーと、電話予約用のサーバーを分けるなどで対応する。ただ、初日と同じく約3000人分の予約となるだけに、希望者全員の予約は難しいと予想している。健康づくり課は「予約がしにくく申し訳ない。希望する高齢者は必ず接種が受けられる。早く接種ができるように努めていく」と話していた。

連載・特集

もっと見る