スポーツ

山雅が今季初の連勝 北九州に2-1 鈴木が決勝ゴール

前半15分、右足で射抜いて先制点を挙げる松本山雅の河合

 サッカー松本山雅FCは明治安田J2リーグ第11節の1日、ミクニワールドスタジアム北九州(北九州市)でギラヴァンツ北九州と対戦し、2―1で勝利した。河合の先制ゴールでリードして折り返し、後半に振り出しに戻されたものの、鈴木が終盤に決勝点を挙げて振り切った。今季初の連勝を飾り、順位は暫定ながら13位に上がった。遠地でのアウェー戦にはサポーター約200人が駆け付け、選手の背中を押した。

 次節は中3日の5日で、ホームにSC相模原を迎え撃つ。試合は午後3時にキックオフ。