地域の話題

クラフトフェア 感染再拡大で2年連続中止

 工芸の五月実行委員会とNPO法人松本クラフト推進協会は27日、5月29日と30日に松本市あがたの森公園で開催を予定していた野外工芸展「クラフトフェアまつもと」を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い全国で県境をまたぐ移動自粛が求められる状況などを考慮した。中止は2年連続。

 4月29日に開幕する月間イベント「工芸の五月」のメイン企画に位置づけられ、一昨年まで35回の歴史がある。今年は規模を縮小した上で感染対策を進めてきたものの、例年県内外から5万人前後が訪れる大規模イベントのため、全国、地元の感染状況を踏まえて判断した。イオンモール松本で同時開催を予定していた「クラフトスクエア」も中止する。
 実行委事務局は「何とか開催したかったが、連休明けの状況も予測しにくい中で慎重に検討した。中止のお知らせとなり、申し訳ない」としている。
 「工芸の五月」では、初日にあがたの森公園で予定していたオープニングイベント「子どもと椅子が遊ぶ芝生」も中止するが、他の企画は県の指針に沿って実施する方針。詳細はホームページに掲載している。問い合わせは事務局(電話0263・34・6557)へ。