地域の話題

ヤマブキ鮮やか古刹の道  松本・廣澤寺

 松本市里山辺の廣澤寺境内の参道で、今春もヤマブキの花が咲き始めた。例年より1週間ほど早く、市特別天然記念物のケヤキの大木が並ぶ古刹の道を、鮮やかな黄色とさわやかな新緑で彩っている。
 例年は4月下旬から咲き始めて大型連休ころに花盛りを迎えるが、今年は先週開花した。22日朝は、登校中の子供たちが参道を通り抜ける中、ヤマブキの黄花が朝日を照り返して輝いていた。
 ヤマブキは参道に自生し、長年手入れする中で見事な群生地に育ったという。小笠原隆廣住職(51)は「例年この時期になると撮影を楽しみに訪れるカメラマンもいる」と話していた。