地域の話題

自転車で安曇野周遊 得点集めて ロゲイニング 観光協会がマップ

 安曇野市観光協会は今月から、地図を頼りに自転車でチェックポイントを巡り得点を集めるゲーム「安曇野サイクルロゲイニング」を始めた。新型コロナウイルスの影響で人が密集する状況が避けられる中、一斉のスタートなどが必要ないイベントで安曇野を広く周遊してもらおうと企画した。12月12日まで。

 A2サイズを八つ折りにした専用のマップに、チェックポイントの飲食店や観光施設、フォトスポットなど計68カ所が掲載されている。各チェックポイントには得点が定められ、参加者はマップの指示通りに写真を撮影して得点をゲットする。市観光情報センター(穂高)で集計し、期間中や季節ごとの高得点者には賞品が贈られる。
 飲食店は外観の写真で20点、料理の写真でさらに30点と一律で、観光施設やフォトスポットは市街地から離れた場所ほど得点が高い。マップは観光客の目安となるようにエリア分けされており、複数のエリアをまたいでチェックポイントを回るとボーナスが加点される。
 市観光協会は昨年度、自転車で観光施設などを巡り写真に収めるフォトラリーを行ったが、施設を指定しなかったためか、参加者の周遊範囲が穂高駅前に集中した。担当者は「ゲーム性を高め、安曇野を広く回ってもらえるように進化させた。安全に楽しんでもらえれば」と話している。
 参加無料。マップは市観光情報センターなどで配っている。問い合わせは同センター(電話0263・82・9363)へ。