政治・経済

参院県区補選に3氏が立候補 事実上の与野党対決

 羽田雄一郎元国土交通相の死去に伴う参議院県区補欠選挙(欠員1)は8日に告示され、元衆議院議員で自民党の小松裕氏(59)=長野市=と、羽田氏の実弟で立憲民主党の羽田次郎氏(51)=上田市、NHK受信料を支払わない方法を教える党の神谷幸太郎氏(44)=千葉県船橋市=の新人3人が立候補を届け出た。新型コロナウイルス対策などを争点に17日間の選挙戦に入った。25日に投開票される。

 菅政権発足後初めての国政選挙で、小松氏は公明党の推薦を受け、羽田氏は共産、国民、社民の推薦を受ける野党統一候補として臨む。各党が秋までに行われる衆院選の前哨戦と位置付け、事実上の与野党対決となる。
 小松氏と羽田氏はそれぞれ長野市内で第一声を上げた後、遊説に繰り出し、松本市でも出陣式などを開いた。 神谷氏は市民タイムスの取材に、放送法の改正などを訴えた。
 立候補表明していた政治団体「地域政党『信州義民の会』」の新人で農業の荒井久登氏(42)=安曇野市豊科田沢=は出馬を断念した。