地域の話題

鮮やか菜の花 松本・馬場家住宅前に

 松本市内田の重要文化財馬場家住宅前の畑で菜の花が見頃を迎えている。松本平を見渡す眺望を背景に、まぶしいほどに鮮やかな黄色のじゅうたんが広がり、訪れた人たちの目を楽しませている。

 地元の農業組合法人・内田営農が晩秋に開く野沢菜の収穫会「内田のお菜取りまつり」などのために栽培している畑だ。本来なら耕してしまうが、地域住民や馬場家住宅を訪れる人たちが楽しめるようそのままにしている。
 馬場家住宅の入り口に立つ桜も満開となり、屋敷神をまつる祝殿の朱鳥居、背後にある高さ約30メートルの大ケヤキ(市特別天然記念物)との共演もカメラを手にする人たちの心をくすぐる。内田営農の古幡進一代表理事は「春を感じて楽しんでくれれば」と願っている。