地域の話題

柿の皮で成分豊富な飴 松本大、あづみ野食品開発

 松本大学(松本市新村)の矢内研究室とあづみ野食品(安曇野市)は、南信地方特産の干し柿「市田柿」の製造過程で廃棄される皮を活用した「和柿飴」を商品化した。柿に含まれるタンニンの抗ウイルス作用などを生かし、6次産業化を軸にした商品として17日から県内で販売する。

 南信などの企業が連携して特殊な技術で柿の皮から成分を抽出後、加工したパウダーの活用について相談を受け、開発に取り組んだ。タンニンの他にもビタミンCなど風邪予防に効果的な成分が豊富で、今後は科学的根拠を示し機能性表示食品ののどあめとすることを目指す。
 監修した松本大学健康栄養学科の矢内和博准教授が7日に記者会見し、「市田柿は干し柿のトップブランド。維持するために、地域やブランド品に付随する商品の開発はとても大事」と話していた。
 7粒入り300円(税込み)。アルピコプラザ(松本市深志1)や松本駅ビルの土産品店などで扱い、高速道路のサービスエリアなどにも順次拡大していく。

連載・特集

もっと見る