地域の話題

黒沢川沿いの桜並木満開

黒沢川の両岸をピンク色に染める満開の桜並木(本社ドローンで撮影)

 安曇野市の三郷地域を流れる黒沢川沿いの桜並木が盛りを迎えている。住吉神社(三郷温)近くの流末から上流に向かって約1.1㌔にわたり、両岸でソメイヨシノが満開の花を咲かせている。

 桜が植えられている区間の黒沢川はほぼ直線で、上空から見ると清流の両側を太いピンク色の帯が彩っている。枝を大きく弓なりに伸ばした桜が多いため、堤防や堤防沿いの道は「桜のトンネル」になっていて、桜の花を間近で見ることができる。
 6日は春の日差しに花びらが舞い散り、多くの人が散策を楽しみながら幻想的な風景を写真に収めていた。豊科の自営業・中村雄次さん(52)は「いつも農道を走るときに咲き具合をチェックしていた。桜吹雪みたいになってすごくいい」とほほ笑んでいた。