地域の話題

「朝日村の今」新聞で学ぼう 村図書館に専用コーナー

朝日村図書館に設けられた「新聞コーナー」。「ちゅーもく記事」などを張り出し、子供の活字離れの防止も目指す

 朝日村図書館は新年度に合わせて、子供から大人までがゆったりと利用できる「新聞コーナー」を館内に設けた。子供の活字離れを防ぐために新たに子供向けの新聞を置くようにしたほか、注目記事を張り出すなどして子供が新聞に親しめる環境をつくっている。市民タイムスなどに載った朝日村の記事も張り出し、「朝日村の今」を情報発信する役割も担っている。

 これまでは図書館が入るマルチメディアセンターのホールに新聞を置いていたが、ゆっくり読めるように図書館内にコーナーを設け、大きなテーブルと椅子を配置した。市民タイムスなどの地域紙・地方紙と、読売新聞など全国紙3紙に加え、「読売中高生新聞」と「読売KODOMO新聞」も置くようにした。各紙とも1カ月間はこのコーナーに置き、その後は館内の別の場所で一定期間保管する。
 図書館職員が選んだ「ちゅーもく記事」や、市民タイムスなどに載った朝日村の記事を張り出しているほか、ファイルにして過去の記事も読めるようにしている。A4判の「としょかん新聞」も作って月1回発行し、図書館や本の情報を伝える。
 図書館職員で、新聞コーナー担当の菊地照恵さんは「子供たちに新聞を通して情報に触れてもらい、朝日村の記事を掲示することによって村のことを情報発信したい。本を借りにきて、いっしょに新聞にも親しんでもらえたら」と話していた。
 月曜と火曜が休館。問い合わせは、朝日村図書館(電話0263・99・1007)へ。