地域の話題

聖火 木曽路駆け巡る 妻籠宿 ゆかりの11人リレー

伝統家屋が並ぶ南木曽町の妻籠宿で行われた聖火リレー

 南木曽町の妻籠宿で実施された2日の聖火リレーでは、木曽郡内のほか、主に中信地域にゆかりのある11人のランナーが、江戸時代の宿場の風情を伝える宿場内で聖火をつないだ。沿道では住民らがランナーを拍手で迎えたほか、大きな声を出さずに応援できるようにと配られた小旗やうちわを振ってエールを送る姿もあった。

 聖火は、旧妻籠小学校の校庭を発着点に、満開の桜に彩られた旧中山道や江戸時代の町並みを残す宿場町を巡った。木曽青峰高校を今春卒業した斉藤美花さん(18)は、家族と親戚合わせて13人に見守られながら、南木曽町博物館前~じぞうさわ橋間を走った。母親の久美子さん(47)は「いい笑顔で走っていた」と目を細めていた。