地域の話題

薄川沿いの桜並木 一気に満開

花盛りを迎えた薄川沿いの桜並木(31日午前9時50分ころ、松本市里山辺から本社ドローンで撮影)

 松本市内を東西に流れる薄川沿いで桜並木が花盛りを迎えた。西に北アルプスの雄大な山々を望む里山辺の川沿いの歩道では、ランニングにウオーキングに、気持ちのよい汗を流す老若男女を春本番の風情で迎えている。
 近隣住民によると、今週に入って開花が一気に進んだ。黄砂とみられる春霞が続く31日は、開花が五分咲き以上となり、散策する人たちは薄いピンク色の花々が延々と連なる見事な光景に時々立ち止まっては見入っていた。
 川沿いの集落に長年住む主婦(69)は「すっかり春が来た感じ。うれしくなる」と目を細めた。