連載・特集

2021.4.6みすず野

 小学校入学式の日、真新しい色とりどりのランドセルを背負い、お父さん、お母さんに手を引かれた新1年生たちの姿が、学校周辺に、街に見られる。元気に通うんだよ、友だちいっぱいつくってねと、思わず声をかけたくなる◆ランドセルが歩くような姿が5、6年後にはランドセルが小さく映るほどに成長する。「子どもは地域が育てる」は、いつの時代も変わらないはずだが、そうではなくなってしまった。子どもは社会の宝。地域のみんなが、子どもたちを見守る目を取り戻したい。そして少子化対策、子育て支援にもっと力を注ぎたい◆春の交通安全運動が、きょうから始まる。近年よく指摘されるのが、高齢ドライバーが起こす事故だ。身近でも70代後半の男性が、一旦停止の交差点で停止せず、優先道路を走ってきた軽トラックと出合い頭に衝突、軽トラの50代の運転手が死亡するという事故が昨年あった。軽トラの男性はシートベルトをしていなかった◆松本署管内では、人身事故のうち、自転車が関与するケースも多いという。新1年生はもちろん、子どもたちを事故から守りたいし、自転車のルールも身に付けさせたい。