政治・経済

コロナワクチン 東筑・北安の接種開始時期固まる 高齢者優先5月上旬から

 東筑摩郡5村と北安曇郡の池田町、松川村で、新型コロナウイルスのワクチン接種の開始時期がおおむね決まった。まずは65歳以上の住民が優先接種の対象となり、早ければ5月の大型連休明けから、各町村で集団接種が行われる見通しだ。65歳以上への接種券の発送は、早いところで今月終わりにスタートし、4月下旬までに順次行われる予定となっている。

 松川村は25日に接種券の発送を始め、集団接種の開始は5月上旬を予定する。65歳以上のうち、高齢者施設の入所者を対象に、先行してワクチン接種を行うことも視野に調整を進めている。池田町は、接種に関する独自の意向調査表を接種券に同封し、3月中にも発送を始める予定だ。
 生坂村は、接種開始を前に65歳以上の対象者に接種希望の有無などを聞く意向調査を実施中で、結果を踏まえて4月下旬にも接種券の発送を行う。
 池田、山形、朝日、生坂の4町村は25日までに、接種に関する相談などを受け付けるコールセンターを開設している。松川は3月29日に、筑北は4月5日にコールセンターを設ける予定で、麻績は接種券の発送と同時に開設する。
 国、県が示すスケジュールに基づいて準備を進めており、ワクチンの供給時期や供給量の変更などで接種日程が変わる場合がある。

連載・特集

もっと見る