地域の話題

安曇野市 延期の成人式を新体育館で11月21日開催

建設が進む新総合体育館。供用開始前の11月に成人式が開かれる

 安曇野市教育委員会は4日、新型コロナウイルスの影響で延期となっている令和3年の成人式を11月21日に開催する方針を示した。会場は従来の安曇野スイス村サンモリッツ(豊科南穂高)ではなく、10月に完成予定の新総合体育館(豊科高家)とする。令和4年1月の供用開始前だが、観客席とコートを合わせて新成人の3倍となる3000人を収容するメインアリーナを使用し、密集と密接を避ける。

 市議会3月定例会の一般質問で、平林德子氏(政和クラブ)の質問に橋渡勝也教育長が答えた。
 市生涯学習課によると、松本市や塩尻市などが5月、大町市などが8月に開催予定で、それらを避けることで晴れ着のレンタルのしやすさを考慮した。秋開催とすることで、ワクチン接種が進むことも期待して決断した。
 市と市教委は、1月10日にサンモリッツで4回に分けて成人式を行う予定だったが、新型コロナの感染拡大で延期していた。新総合体育館のメインアリーナは、出席者の間隔を空けても新成人約1000人を収容可能で、分散開催ではなく、新成人全員を集めた式典を想定している。
 橋渡教育長は「新総合体育館の最初のイベントとして開催したい」と述べた。令和4年の成人式は、1月9日に新総合体育館での開催を予定している。

連載・特集

もっと見る