地域の話題

安曇野市明北小学校 60周年記念のDVD完成

60周年記念のDVDを持つ長瀬校長(左)と、制作者の鳥羽さん

 安曇野市の明北小学校(長瀬克彦校長、106人)の創立60周年を記念するDVDがこのほど完成した。音楽会や運動参観、日常生活などを撮影し、編集したもので、総時間9時間を超える大作となった。全校児童と教職員に、4月中に配布される。

 保護者の1人で映像制作の仕事をしている鳥羽義浩さん(60)=明科東川手=が、撮影・編集を担った。同校は予定していた60周年記念式典を新型コロナウイルス感染症の拡大で取りやめ、年間行事も中止や規模縮小を余儀なくされた。保護者たちから、せめて子供たちの様子を映像に残したらどうかという提案があり、昨年の夏から撮影が始まった。
 鳥羽さんは学校に延べ40日以上通って、カメラを複数台使ったり、小型無人機・ドローンを飛ばしたりと熱心に撮影を続け、編集も手の込んだものになった。また、学校に残っていた過去10年間の20万枚の写真データを使ってスライドショーにまとめた。音楽会などの一部の映像をDVD化し、昨年12月に全家庭に配布した。
 長瀬校長は「子供たち一人一人の顔も見える素晴らしい仕上がり。良い思い出の品になった」と喜び、鳥羽さんに感謝した。
 記念DVDについての問い合わせは鳥羽さん(電話090・1866・2378、メールアドレスavrec.toba@gmail.com)へ。

連載・特集

もっと見る