地域の話題

塩尻の奈良井宿で灯明祭り始まる 手作り灯明120基

趣向を凝らした灯明が並ぶ会場

 塩尻市の奈良井宿で26日夜、恒例の「奈良井宿灯明まつり」(奈良井宿観光協会、市観光協会主催)が始まった。市民らが手作りした灯明約120基が、春を待つ宿場町を優しい光で包んでいる。28日まで。

 灯明は宿場内の仲町周辺で展示されている。楢川地区や市内の保育園児、小中学生、公民館団体のメンバーらが、自分の似顔絵や地域の景勝地などを切り絵にした。
 子供たちが出品した楢川保育園の保育士・矢花唯さん(21)は「子供たちがきれいに作った作品を見てほしい」と話していた。
 点灯時間は午後6時~8時半。マスク着用や、密の形にならない鑑賞を呼び掛けている。地元の鎮神社では参拝者に「漆のお守り」を贈る。1日先着30人。

連載・特集

もっと見る