地域の話題

いくさか大好き隊・西野さん マヤ文明の香炉再現

手作りの小型香炉「まるここーろ」をPRする西野さん

 生坂村のいくさか大好き隊(地域おこし協力隊)の西野順二さん(40)が、村内に設けた手製の窯で焼いた土製の小型香炉の販売を、道の駅いくさかの郷で始めた。約20年携わった遺跡発掘調査の仕事で出合ったマヤ文明の出土品「カンデレーロ」(スペイン語でろうそく立て)を再現した作品だ。特徴的な丸い形から「まるここーろ」と名付け、店頭に並べている。

 手製の窯は、村内に白日窯を構える陶芸家・奥野祐二さん方に設け、12月に第1弾の作品を焼き上げた。香炉の大きさは4.5~10㌢ほど。再現作品は、穴や突起、線状の模様が付いたデザインが特徴的だ。西野さんが創作した作品もある。白日で採れる粘土で作った赤茶色と、信楽の土を使った白色があり、サンプルのお香を入れて販売している。
 西野さんによると、カンデレーロは葬儀礼などに使われていたとみられ、住居の片隅や墓からよく出土するという。西野さんは「マヤ文明に興味を持ってもらいたい。火をともしたり飾ったり、好みの使い方を見つけて楽しんでほしい」と願う。映像制作などを手掛ける個人事業「黒虎の創造舎」の活動として取り組む。窯や作品の制作過程は、ユーチューブチャンネル「生坂黒子ちゃんねる」でも紹介している。
 1個1500円。問い合わせは西野さん(電話070・8411・9071、メールjunji_nishino@crokocreative.com)へ。