政治・経済

県が宿泊家族割引 1泊3000円か5000円 19日から コロナ禍の観光業支援

 新型コロナウイルスの拡大で打撃を受けた県内の観光産業を支援するため、県は19日、同居家族を対象とした宿泊割引事業の第2弾を始める。実施期間は3月31日宿泊分までで、2月12日以降に新規予約した旅行が対象となる。

 期間中、長野県内の居住者と同居家族が利用する宿泊旅行に対し、5000円~1万円未満のプランで3000円、1万円以上のプランでは5000円を割り引く。割引の適用は、一度の宿泊旅行当たり2泊までが上限となる。
 GoToトラベル事業や県が実施している他の割引事業(小さなお宿応援事業)との併用はできない。トラベル事業の再開や新型コロナの感染状況によっては期間中に中止することもある。県はキャンペーンに参加する事業者も募集している。申し込みは公式サイトの電子フォームから可能で、26日午後5時が締め切りとなっている。
 問い合わせは宿泊割事務局(電話026・224・0444)へ。
    ◇
 レジャー施設予約サイト「アソビュー」でスキー場の1日リフト券が半額で購入できる「県民支えあい スキーリフト券半額キャンペーン」も19日から並行して実施する。県内在住者が対象で、5月31日までの販売を予定する。