政治・経済

安曇野市HP 5年ぶり刷新 3月1日 検索容易に 魅力発信も

 安曇野市は3月1日、公式ホームページ(HP)を5年ぶりにリニューアルする。検索機能を高め、ほしい情報に素早くアクセスできるようにデザインを一新するほか、安曇野について詳しく学べる「バーチャルミュージアム」と、市の魅力をPRするシティープロモーションのサブサイトを開設し、情報発信の充実を図る。

 トップページは、語句を入れて検索する「窓」を画面中央に配置し、すぐ下に注目度の高い言葉が表示されるようにして、検索の利便性を高めた。今後、「広報あづみの」の記事に番号(ID)を付けて、HPでそのIDを打ち込むと、より詳しい内容が分かるように連動させる。
 バーチャルミュージアムは、小中学生の地域学習にも役立てられるように、「歴史」「自然」「民俗」などの概要を親しみやすく紹介している。市内の文化施設14館のリンク集を置いたほか、イベント情報などをこまめに発信する市文化課のフェイスブックページも新設した。今後は『安曇野市誌』の発刊に向けた調査成果も反映させていく。
 シティープロモーションのサイトは「安曇野で暮らす」魅力を発信していく。古民家を改築して暮らす市民などへのインタビューを中心に据え、30~40代の子育て世代を主なターゲットに、移住促進につなげたいとしている。
 それぞれのページには、使いやすさなどを問うアンケートも置いた。市秘書広報課は「リニューアル後も、利用者の声を反映させながら、より充実したHPになるように更新していきたい」としている。

連載・特集

もっと見る