スポーツ

松本国際高 来年度にゴルフ部創設

 松本国際高校は来年度、ゴルフ部を創部する。県ゴルフ振興基金の支援を受けて立ち上げ、コーチには塩嶺カントリークラブ(塩尻市)所属の小林一敏プロ=松本市村井町南4=が就任する。来年度から中高一貫校となるため、6年間を通して活動できる部活となる。まずは2月から、高校の在校生の入部希望者を募る。

 同校は25日に記者会見を開き、永原経明校長や小林プロらが出席して創部の経緯などを説明した。ゴルフはマナーやエチケットを重視したスポーツで教育に適しており、競技経験がない生徒でも始めやすいという観点で創部を決めた。練習は学校近くのゴルフ練習場を活用する方針だという。
 小林プロは「長野県はジュニア世代のゴルフをする環境が整っていない。創部により環境面を少しでも変え、競技力向上と底辺拡大につなげていきたい」と話している。

連載・特集

もっと見る