地域の話題

優雅な調べ聴衆魅了 塩尻でサロンコンサート

優雅な調べで来場者を魅了したコンサート

 セバスチャン企画(塩尻市洗馬)が主催するサロンコンサートが17日、塩尻市大門並木町の市民タイムス塩尻ホールで開かれた。塩尻市在住の演奏家3人が、スピネットチェンバロとバイオリンの調べで、訪れた人を魅了した。

 ピアノ奏者の木内栄さんと、バイオリン奏者の平波華映さん・智映さん姉妹が出演した。J・S・バッハの「パルティータ第6番ホ短調」「2本のヴァイオリンの協奏曲ニ短調」などバロック音楽を中心に7曲を奏で、優雅な音の重なりが会場を包んだ。
 月例のコンサートで162回目となった。新型コロナウイルスの感染拡大で昨年春から休止していたが、換気や消毒などの感染防止策を徹底し、10カ月ぶりに開いた。セバスチャン企画代表の酒井和彦さんは「生の演奏を体感していただくことができて感無量」と話した。