スポーツ

御嶽海が4連敗 大相撲初場所

照ノ富士(左)に寄り切りで敗れた御嶽海(読売)

 大相撲初場所(東京・両国国技館)7日目の16日、西小結・御嶽海(出羽海部屋)は、東関脇・照ノ富士(伊勢ケ濱部屋)に寄り切りで敗れ、4連敗となった。中日となる8日目の17日は結びの一番で西大関・正代(時津風部屋)と対戦する。
 御嶽海はもろ差しの形になりながら、何もできなかった。相手が浅く取った両上手を引きつけると動きを封じられ、土俵を割った。
 カド番の正代は6勝1敗と好調を維持している。過去6場所では3度当たり、対戦成績は御嶽海の1勝2敗となっている。