スポーツ

春高バレー対戦相手決定 東京で1月開幕

 第73回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)の組み合わせ抽選会は29日に行い、男女の組み合わせが別表の通り決まった。県代表は、男子の松本国際が第3シードに入り、2日目の2回戦で登場する。土浦日大(茨城)―大分南(大分)の勝者を迎え撃つ。女子の都市大塩尻は八王子実践(東京)と初日の1回戦で対戦する。大会は東京体育館(東京都)を会場に、来年1月5日に開幕する。
 大会には男女各52校(東京3校、北海道と神奈川、大阪各2校)が出場する。男女とも5日に1回戦、6日に2回戦、7日に3回戦と準々決勝を行う。準決勝は9日、決勝は10日となる。今大会は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、無観客で開催される。