スポーツ

春高バレー県大会は中信勢が男女優勝 松本国際男子8連覇、都市大塩尻3連覇

8連覇を果たした男子の松本国際(上の写真)、3連覇を達成した女子の都市大塩尻

 第73回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)県大会は15日、長野市のホワイトリングで男女の決勝を行い、男子は松本国際が、女子は都市大塩尻がそれぞれ優勝した。松本国際は8年連続10回目、都市大塩尻は3年連続8回目となる。両校は来年1月5日に東京体育館(東京都)で開幕する全国大会に出場する。

 松本国際はフルセットにもつれる岡谷工との接戦を制した。第1、2セットを奪って主導権を握ったものの、第3、4セットを奪われて苦しい展開に。しかし、エースの藤島や菅野、嶋の3年生を中心に地力を見せ、最終セットを15―10で奪って競り勝った。
 都市大塩尻は松商との中信勢対決に、3―0のストレートで快勝した。立ち上がりから多彩な攻撃で松商を圧倒し、エースの西原や上島、伊藤舞らが得点を重ねて第1セットを25―11で奪った。第2セット以降も攻撃的なバレーを展開し、相手に付け入る隙を与えなかった。松商はサーブで崩されるなどして攻撃の形をつくれず、最後まで流れをつかめなかった。

連載・特集

もっと見る