地域の話題

高齢者の陶芸や手芸250点 19日まで 豊科ささえあい広場

 安曇野市豊科の豊科老人福祉センターで活動する団体の作品を展示した「豊科ささえあい広場」(市社会福祉協議会豊科支所、豊科支部社会福祉協議会共催)が14日、同センターで始まった。陶芸や手芸、俳句など11団体2個人の作品約250点を紹介している。19日まで。

 オープニングセレモニーでは、豊科支部社会福祉協議会の宇留賀弘支部長が「新型コロナウイルスの影響で文化祭が中止になる地区もある中、地域の絆と支え合いにつなげていきたいという思いで開催した。みなさんの日頃の成果を見てもらいたい」とあいさつした。会場には美しい模様の手まりや味のある花器、細かな折り紙作品など力作が並び、早速来場者が見て回っていた。
 市社協豊科支所が昨年「文化祭」として初めて開き、今年は名称を変更して開催した。
 開場は午前9時~午後4時。問い合わせは豊科支所(電話0263・73・7143)へ。