スポーツ

赤羽選手 プロへ抱負 グランセローズ 阿部知事を表敬

 プロ野球独立リーグ・信濃グランセローズは12日、県庁に阿部守一知事を表敬訪問し、チームの一員でプロ野球ドラフト(新人選択)会議で東京ヤクルトスワローズから育成2位で指名を受けた赤羽由紘選手=松本市=らが抱負を述べた。

 阿部知事からドラフト指名について問われた赤羽選手は「最終的な目標は1軍で長く試合に出場できる選手になりたい」と答え、「松本市出身でずっと長く県内で野球をやってきてプロにいけたので、子供たちにも勇気や希望を与えられるように頑張りたい」と抱負を述べた。
 阿部知事は「長野県の子供たちが自分たちも頑張れるんだと思うよう活躍してほしい」と激励した。
 グランセローズは今季、ルートインBCリーグ中地区で2年連続の優勝を果たした。松本市出身の柳澤裕一監督は就任2年目のシーズンを振り返り、「開幕できるか不安もあったが、阿部知事はじめ県民の激励もあり球団新記録の12連勝を飾ることができた」と感謝し、「県民のみなさんに少しでも勇気や元気、笑顔を届けられたと思う」と述べた。

連載・特集

もっと見る