地域の話題

池田町交流センターの来館者10万人に

甕町長らと記念撮影をする、来館10万人目の北和田さん、10万1人目の市川さんら
 昨年9月にプレオープンし、11月に全館開館した「池田町交流センターかえで」の来館者が8日、10万人を突破し、記念セレモニーが開かれた。10万人目と10万1人目、10万2人目の来館者に記念品を送り、全館開館から1年で達成した大きな節目を祝った。
 8日は館内で町図書館の新館開館1周年記念講演会(共催・公民館講座の新池田学問所みのり塾)が開かれており、受講者の中から抽選で「10万人目」などを選んだ。受講者が名前を書いた紙を箱に入れ、甕聖章町長が抽選をした。  10万人目となった北和田操さん(75)と10万1人目となった市川亜紀子さん(77)は豊科高校で学んだ先輩と後輩で、今も一緒に学び合っているという。2人は抽選の結果に驚きつつ「今も一生懸命に勉強しているから、ご褒美をもらえたのかしら。ここは場所もいいし、複合施設は使いやすい」と喜んでいた。  交流センターかえでは、図書館、ホール、学習室、談話室、わくわくキッズルームなどがある複合施設として開館した。昨年9月1日にプレオープン(公民館機能がスタート)、10月25日に町図書館が移転オープン、11月3日に全館がグランドオープンしていた。当初は今年の夏ころに10万人達成が見込まれていたが、新型コロナウイルス感染予防の観点から休館していた時期があり、少し遅れての達成となった。

連載・特集

もっと見る