スポーツ

松本国際連覇 PK戦上田西破る

トロフィーなどを掲げて優勝を喜ぶ松本国際の選手たち

 第99回全国高校サッカー選手権県大会は7日、松本市のサンプロアルウィンで決勝を行い、松本国際が上田西を下して2年連続4回目の優勝を飾った。延長戦までスコアレスの接戦となり、PK戦を5-4で制した。
 松本国際スタンドでは部員らが大きな拍手や声援を送り、PK戦で最後のキッカーがゴールを決めて優勝が決まると歓喜に沸いた。勝沢勝監督は勝利インタビューで「本当に選手たちはよくやった。全国ではいつもやっているものをどこまで発揮できるか」と語った。
 松本国際は県代表として12月31日に首都圏で開幕する全国大会に出場する。組み合わせ抽選会は11月16日。