地域の話題

塩尻の人気インド料理店 シェフが復帰 11月3日に営業再開

店舗再開に向けて張り切るアブドゥルさん(左)と同店の白鳥恵美代表

 塩尻市大門のインド料理店・リスタのシェフで、故郷のインドに一時帰国した後、新型コロナウイルス感染症拡大による都市封鎖で同国を出られずにいたセック・アブドゥルさん(42)が、このほど日本に戻ってきた。約7カ月の休業を経て11月3日に営業再開する予定で、「もう一度インド料理で塩尻のお客さんを幸せにしたい」と意気込んでいる。

 アブドゥルさんは3月、親戚の不幸で一時帰国したが、地元で身動きが取れなくなっていた。夏ころから都市封鎖が徐々に解除され、日本に戻ることを決断した。出国前と日本への入国時にそれぞれPCR検査を受けるなど多くの手続きを経て、塩尻でも2週間の自宅待機をし、さらに自主的にPCR検査を受けて陰性を確認した。
 店舗は休業中、国の持続化給付金などをやりくりして家賃などの諸経費を賄った。手作り作家たちが同店で作品を販売し、収益を店舗経費の足しにする応援企画も行われたが資金は底を突く寸前で、ぎりぎりのタイミングでの帰国だった。
 アブドゥルさんは「インドにいる間もお客さんたちのことを考えていた。戻ってこられて本当にうれしい」と話した。
 問い合わせは同店(電話0263・50・6615)へ。