地域の話題

ハロウィーン菓子 アイシティで100種類販売

ハロウィーンをテーマに企画された菓子などが並ぶ特設会場

 松本地域の和・洋菓子店やパン店の商品を集めた催事が11月3日まで、山形村の大型商業施設・アイシティ21で開かれている。9店が出展し、ハロウィーンを共通テーマに企画した焼き菓子や生菓子など約100種類を販売している。

 カボチャのクッキーやパイ、スコーン、「ジャック・オ・ランタン」をモチーフにした練り切りなど、見た目に華やかな商品が目を引く。クリやブドウなど秋の食材を用いたスイーツも並ぶ。
 アイシティ21のオープン20周年を記念する企画の一環で、1階特設会場では、地元飲食店の弁当や生産者の農産物も併せて販売している。井上の井上博文常務は「地元の事業者と手を携え、地域を共に盛り上げる企画としたい」と話していた。
 松本市神林の画家・渡辺政雄さん(67)が街並みや自然を描いた油彩画約50点を展示した特別企画も3日まで、3階催事場で開いている。