政治・経済

松本の中核市移行が決定 駅お城口にPRの横断幕

松本駅お城口の階段上に掲げられた中核市移行の横断幕

 松本市を中核市に指定する政令が14日公布され、来年4月1日の中核市移行が正式決定した。市は松本駅前に横断幕を張り出し、一般市民への周知を強化した。

 市職員が午後に「令和3年4月 松本市は中核市へ」と書かれた長さ10メートルの横断幕を、松本駅お城口の正面階段上部に掲げた。中核市推進室の担当者は来年3月末までに、保健所業務など約2500の事務権限を県から引き継ぐことに触れて「行政サービスの質を落とさないように着実に準備を進め、中核市移行のメリットを市民に分かりやすく伝えられるように、広報にも力を入れていく」と話した。
 市は今週中に市役所本庁舎に懸垂幕を掲げるほか、全35地区の公民館などにのぼり旗を出し、中核市移行を広く周知することにしている。