政治・経済

シトラスリボン 上松でも 町職員が身につけ 感染者支える機運醸成

 上松町が、新型コロナウイルスの感染者を差別せず地域で守り支えていく運動「シトラスリボンプロジェクト」の取り組みを始めた。一人でも多くの住民が運動の思いに賛同し、町内で感染者が出た時に思いやりのある支え合いにつながることを願っている。

 シトラスリボンプロジェクトは愛媛県の住民有志が始めた運動で、オレンジ色や緑色など愛媛特産のかんきつ類をイメージしたリボンを「地域・家庭・職場(学校)」を示す三つの輪ができるように結び身につけたり、身の回りに飾ったりして趣旨への賛同を示す。
 取り組みの第一歩として、町職員全員がリボンを身につけた。着色されたヒノキのかんなくずで結び、「ひのきの里」をうたう上松らしいリボンだ。主導する町住民福祉課の松尾典子課長補佐は「誹謗中傷がない優しさあふれる町にしていきたい」と話している。
 町公民館も取り組みを応援する町独自のキャラクター・しとらすひのきちゃんを生み出し、リボンを結ぶのが難しい子供にも取り組みを理解してもらう考えだ。生みの親の公民館職員・堀口裕加里さんは「感染者が出てもみんなで支えるという心構えをつくってもらえたら」と話している。