地域の話題

観光客 週末の松本に活気 GoTo東京発着追加 例年並みからは遠く

 国の観光需要喚起策「GoToトラベル」に東京発着が追加されて初の週末を迎えた3日、松本市街地では首都圏を含む大勢の県外観光客の姿が見られた。7月22日に始まった「GoTo―」の対象が全国へと拡大されたことで、コロナ禍で落ち込んだ集客の一層の回復が期待される。一方、観光業者から「まだ日常にはほど遠い」との声が聞かれるなど、コロナ前の客足に戻るにはもうしばらく時間が掛かりそうだ。

 松本城周辺には朝から県外者が次々と訪れ、北口の市営開智駐車場(110台)は午前10時過ぎ以降、断続的に満車状態となった。品川、世田谷、練馬など都内のナンバーが目立ち、ほとんどを県外車両が占めた。
 松本城では午後、天守の入場まで最長40分待ちとなる時間帯もあった。会社員の夫(41)と訪れた都内の女性(46)は「GoToの割引を使って浅間温泉に1泊する。初めての松本で市街地やワイナリーを楽しみたい」と話していた。
 一方、通常であれば大型の観光バスが利用する周辺の臨時駐車場は一般車両向けに開放され、団体旅行の少なさをうかがわせた。
 飲食店「そば庄松本城店」の小野勝司社長は「少しずつ客足は戻ってきたが例年に比べればまだまだ全然」と話し、一日も早い収束を願っていた。