地域の話題

安曇野の農業 守り次代へ JAあづみ55周年で功労者表彰

 JAあづみと同JA農政協議会は3日、安曇野市豊科南穂高の安曇野スイス村サンモリッツで、同JAの創立55周年企画「安曇野の農業を守り、つなぐ農業者のつどい」を開いた。安曇野の農業を精力的に支えてきた農業者、農業に情熱を注ぐ後継者、新規就農者の3人を表彰し、次の55年を見据えた農業振興に弾みを付けた

 表彰は創立記念を代表する企画で、「55年目の発掘と褒賞~安曇野の大地への愛と誇りを~」と題して行われた。研究開発部門(金賞)、後継者部門(殊勲賞)、新規就農者部門(敢闘賞)の3区分で推薦された候補者11人を対象に、映画監督の河崎義祐さんら同JA内外の11人が8月に審査して決めた。
 金賞には「夏秋いちご」の導入をいち早く進めて普及拡大に尽力した松本市梓川梓の西村方孝さん(69)が選ばれた。西村さんは発表で取り組みを振り返りつつ「褒賞は私とイチゴ栽培に関わった人とで受けたもの。多くの方の協力と理解があったからこそ」と述べた。殊勲賞には安曇野市三郷小倉の塚田耕一さん(35)が、敢闘賞に同市穂高柏原の野口雄貴さん(34)がそれぞれ選ばれた。
 55年目の発掘と褒賞の企画は、本年度を手始めに令和4年度まで毎年予定している。千國茂組合長は「褒賞を契機としてさらに高みを目指し、安曇野の農業をけん引していってほしい」と述べた。
 日本総合研究所主席研究員の藻谷浩介さんの講演もあった。