連載・特集

2020.10.1みすず野

 年度の後半に入るきょう10月1日は、夏服から秋・冬服への衣替え。近年ではクールビズ終了に伴うネクタイ着用が思い浮かぶ。ネクタイと言えば、日本で初めてネクタイが製造されたのが、明治17(1884)年のきょうだそうで、「ネクタイの日」だとか◆ほかにも「コーヒーの日」「日本酒の日」など、暑さが収まり、秋めいてコーヒーや日本酒がうまくなるのに合わせて、設けられているに相違ない。元新聞記者で、世界を旅して歩いた森本哲郎さん(故人)に、日本の原風景を訪ねた紀行『旅の半空』(新潮社)がある。東京神田の古書店の「200円均一」コーナーで見つけた、田山花袋の『旅の話』が紀行を後押しする◆思わず手に取り「なんと、これはぼくがこれから試みようとしていること、そのままではないか!」と、200円で買った本を、近くの喫茶店でコーヒーを飲みながらページを繰り、このうえない幸福感に浸る。本とコーヒーが醸し出す至福のひととき◆きょうは中秋の名月でもある。満月とは限らず、ことしは満月の前日に当たる。月見はコーヒーより団子、ススキ、日本茶だろう。名月、眺められるか。