地域の話題

伊勢町のツリー審査 ふるさと応援テーマに参加者募る

 松本市中心街の伊勢町商店街振興組合は、例年冬に伊勢町通りの歩道で実施している市民参加型の手作りクリスマスツリーコンテストを刷新し、今年から新たに「伊勢町ふるさと応援クリスマスツリーコンテスト」として再出発する。新型コロナウイルスの影響で経済活動が低迷する中、地域の多彩なテーマでツリーを彩り応援するコンテストで、参加者(先着全40組)を募集中だ。

 ふるさと応援を軸に「松本」「松本城」「旧開智学校校舎」「松本山雅FC」の4テーマ(コース)と、自分の好きなふるさとを対象とした「フリー」コースで高さ約2・5メートルのモミの木のツリーを飾る。飾り付けは11月12~14日で、最終日の午後5時半から12月25日までの日没~午後10時ころに毎日点灯する。13日までMウイングで人気投票を受け付け、19日に組合加盟店で使える商品券がもらえる入賞者発表がある。
 組合事務局は「ツリーづくりに協力し発信してくれる皆さんのおかげで伊勢町の知名度も高まった」と感謝し「ツリーを通じて気持ちが明るくなれば」と願っている。問い合わせ・申し込みは事務局(電話0263・32・4973)へ。