スポーツ

都市大が松商下し北信越へ 秋の高校野球県大会

 第143回秋季北信越地区高校野球県大会は27日、県営上田野球場(上田市)で決勝と3位決定戦を行い、中信勢は3位決定戦で都市大塩尻が松商を5-4で下し、北信越大会の出場を決めた。令和元年春以来3季ぶり18回目の出場となる。都市大塩尻は中盤までに5得点を挙げて主導権を握り、終盤の松商の追い上げを振り切った。決勝は佐久長聖が上田西を敗り、優勝した。北信越大会は10月10日に富山県で開幕し、県勢は佐久長聖、上田西、都市大塩尻の3校が出場する。組み合わせ抽選会は2日に行われる。