地域の話題

認知症に理解深めよう 朝日村図書館にコーナー

朝日村図書館に設けられた認知症関連の書籍を紹介するコーナー
 9月21日は「世界アルツハイマーデー」。朝日村図書館は、村地域包括支援センターと協力して9月末まで、館内に「認知症」をテーマにしたコーナーを設けている。コーナーの一角に認知症に関する書籍を集めたほか、認知症クイズなどを張り出し、楽しみながら認知症について学べるコーナーとなっている。
 同コーナーには『認知症は接し方で100%変わる!』『認知症バイバイ体操』『高齢者が元気になるレクリエーション』といった書籍が並ぶ。「認知症とケア どんな接し方がいいんだろう?」「認知症 自分で予防」「認知症 体験記」「認知症と福祉サービス」といったテーマに分けて関連する書籍を紹介する一角もある。  厚生労働省のホームページなどによると、1994年9月21日にスコットランドのエジンバラで第10回国際アルツハイマー病協会国際会議が開催されたことなどから、国際アルツハイマー病協会と世界保健機関(WHO)がこの日を「世界アルツハイマーデー」と制定した。また9月を「世界アルツハイマー月間」として世界各地でさまざまな取り組みが行われている。  朝日村図書館職員の菊地照恵さんは「認知症の人にどのように接したらいいのか分からない人も多いと思う。図書館にはこういう本もあるんだと知ってもらい、関連する本を読んで、認知症のことを正しく理解してもらえれば」と話していた。  朝日村図書館は月曜と火曜が休館となっている。

連載・特集

もっと見る