地域の話題

熊に襲われ女性けが 安曇野市穂高牧の市道で

 20日午前5時45分ころ、安曇野市穂高牧の市道を散歩中の女性が熊に襲われたと119番通報があった。襲われたのは近所に住む無職の女性(67)で、頭や肩をかみつかれて市内の病院に搬送された。軽傷とみられている。安曇野警察署や市、市猟友会員の計約10人が付近を3時間ほど捜索したが熊は発見できなかった。

 現場は、県道塩尻鍋割穂高線(通称・山麓線)から川窪沢川沿いに西側へ30メートルほど入った場所で、住宅と畑が広がっている。安曇野署によると、女性は犬を連れて散歩中で、道路脇のソバ畑から出てきた熊に驚いて尻もちをついたところを襲われた。成獣ではない可能性もあるという。
 周辺では9月に入ってから住宅地で熊を見たという目撃情報が2件あり、牧区が各戸に回覧板で注意を呼び掛けていた。現場は交通量の多い山麓線のすぐ近くで、浅川郁夫区長は「この場所で熊が出たというのはちょっと驚く」と語った。小学生の子供がいる近所の女性(40)は「子供だけで出掛けることもあるので怖い」と不安そうに話していた。
 安曇野署や市が周辺をパトロールして注意を呼び掛けたほか、市が午前8時55分に防災行政無線を使って全市に注意喚起した。