地域の話題

御嶽海技あり4勝目 大相撲秋場所

はたき込みで遠藤(手前)を破った御嶽海(読売)

  大相撲秋場所(東京・両国国技館)6日目の18日、上松町出身で西関脇の御嶽海(出羽海部屋)は、西小結・遠藤(追手風部屋)をはたき込みで破った。今場所2度目の連勝で4勝2敗とし、7日目の19日は西前頭2枚目・玉鷲(片男波部屋)と対戦する。

 今場所は前に出る相撲が取り切れていない中、この日の御嶽海は、相撲巧者同士の戦いを落ち着いて制した。立ち合い右を固めて当たり、遠藤得意の左四つを許さない。前みつを許しかけるも構わず圧力をかけて相手の上体を押し上げ、抜群のタイミングではたいて決めた。
 玉鷲には平成30(2018)年1月場所から13連勝中で、通算でも21勝2敗と合口がいい。前回対戦した今年1月場所では、御嶽海が立ち合い後退するも、いなし・はたきを交えて好機を待ち、上体が起きた相手の隙を逃さず、押し出しで仕留めた。